資本金

資本金をご存知ですか?資本金とは、会社設立時に必要となる費用のことです。従来、資本金には最低資本金制度で決められた額がありました。よって、会社を設立する際には、その資本金を支払う必要がありました。
しかし、その法律は改善され、現在は最低資本金を支払うことなく、自分で決めた資本金で会社設立が可能となりました。極端な話をすれば、1円という金額でも会社設立をすることが可能なのです。ちなみに以前は、株式会社設立で1000万円、有限会社設立で300万円の最低資本金が必要でした。
まず、資本金とは何なのかということからご説明しましょう。資本金とは、会社設立時の運転資金(自己資本ともいいます)のことです。つまり、どこかに払うお金ではなく、会社を軌道に乗せるために必要なお金といえます。
さきほど、現代においては1円の資本金で会社設立が可能という話をしましたは、実際に1円を資本金にしている人は、ほとんどいません。
というのも、資本金=会社の価値や信用にかかわるお金だからです。
資本金が高ければ、それだけ金融機関などはその企業に安心感が持てます。「会社を運転していくのに十分な費用を持っている会社だな」と判断してもらえるのです。
それに対し、1円しか資本金のない会社はどうでしょう。金融機関は前者以上に安心感を持ってくれるでしょうか?それは、ありえませんよね。

会社設立時、資本金を設定する際は、金融機関や他企業からの信用のことを踏まえて決めるようにしましょう。最低資本金が設定されていない現代だからといって、安ければよいというわけではありません。